前へ
次へ

食育にも繋がる体験型のイベント

里山・里海の恵みは、壮大な自然のみならず、食にも通じます。
例えば、夏時期でも、水をできるだけ与えない特殊農法で育った野菜や果物は話題です。
完熟高糖度トマトが火付け役でしょう。
水に沈むほど、実がギッシリ詰まっていて、フルーツ感覚で食べられるため、お子さんの野菜嫌い、苦手克服に一役かっているほどです。
苦手な食は、体験型で克服させる、こうしたプロジェクトも各地域で話題です。
食わず嫌いも含め、周りが美味しく食べていれば、興味を示す心理を上手く利用しています。
例えば、先に述べたように、果物狩りや野菜狩り、育てて収穫する体験で、感謝して一口食べてみるお子さんは少なくありません。
里海では、地引き網で魚をとり、捌き、調理する食の体験が人気です。
特にお子さんの場合、青魚を克服できること、DHAやEPAが摂取できること、心と体、脳にまでよい作用が期待されています。
食と一口にいっても、食べるだけではありません。
食育にも繋がります。
どうやって作られるのか、どいいう環境でなら育つのか、誰が作っているのか、色々な視点から見ることもできそうです。

Page Top