前へ
次へ

もんでほぐしておくと使う時に大変便利

衣食住の中で最も簡単に、かつ体裁を保ちつつ節約できるのが食費のカットです。
スタンダードな方法では特売日に食材をまとめ買いして、冷凍保存しておく方法があります。
冷凍しておけば日持ちがしますから、当分買い物に出る必要がなく、余計な出費を抑えられるのもメリットです。
野菜やブロック肉などを冷凍する時は、解凍後に直ぐ使えるよう予めカットしておきますが、完璧に凍る前に、何度かもみほぐしましょう。
半冷凍状態なら、お互いにくっ付いていても簡単に外れますので、数回繰り返せばバラバラの状態で冷凍できます。
多少手間は掛かりますが、やるとやらずでは使う時に雲泥の差があるため、欠かせない工程です。
またアルミ板など、鉄板の上に置けば早く冷凍できるので、大きな缶のフタなどがあれば、活用してみると良いでしょう。
ただし大根や玉ねぎをはじめ、冷凍すると食感が変わる野菜もありますから、必要に応じてフレッシュな食材と使い分けるのも得策です。

ビタミンDを補うのにも最適なきのこ松太郎
加工して食べることで、他きのこよりもビタミンDを摂取することができます

安全に食べることができる喜びを大切なお子様へ
保育園に通うお子様たちの健康を考えたお食事をご提供します

焼肉無煙ロースターなら東京豊島区の株式会社ヘルシーロースター

えっ!本当に保存食?
驚きがあるほど美味しい非常食のセット販売を行っているサタケです

丹波松茸×業務用胡麻豆腐
日乃本食産株式会社の自信の1品ぜひ召し上がりください

Page Top