前へ
次へ

うなぎを生で食べるとどうなるか

日本では古くから水生生物をよく食べていました。
海でも川や湖でもいろいろ取れるからでしょう。
魚の食べ方として海外からも驚かれるのが生食でしょう。
ヨーロッパなどでカルパッチョなど加熱せずに食べるケースはあります。
ただ日本の食べ方はほとんど調理をしません。
もちろん環境なども影響しています。
海の生物と川の生物でも多少食べ方が異なります。
川や湖に生息する魚は泥臭い時があり、食べる前には泥抜きなどをする必要があります。
コイなどはあらいなど生で食べる時もあるので、何とか生で食べようと工夫していることがわかります。
ウナギも主に川などに生息するので、泥抜きが必要でしょう。
そのうなぎは生で食べられるかですが、日本ではかば焼きが定番の食べ方です。
素焼きなどではなくかば焼きのみがメインになっている食材は珍しいかもしれません。
生で食べられない理由として、血液の毒性があります。
生で食べると血液を食べる可能性もあり中毒になる可能性があります。
加熱をすれば中毒は防げます。

Page Top